お休みは99%、家でゴロゴロして過ごす干物女

女性のタイプ別価値観、次は休日は99%、部屋で過ごすタイプだ。

 

比較的高学歴で仕事ができ、専門職などに就いている女性に多いという。

 

こういう女性は、仕事で神経も体力を使い果たしてしまって、休日はもう休養オンリーになってしまうのかも。

 

彼女らは、とにかく面倒なことが嫌いで、必要最低限の生活で済まそうとする。

 

なので化粧も最小限しかせずに、カバンの中身もスッカラカン。

 

シンプルすぎるくらいシンプルで、過剰な華やかさは全くないタイプだ。

 

高学歴 脱力女子のイメージ(1)
求めているもの何もしないでよい日々。

 

リラックスすること。

 

癒し。

 

興味楽なこと、リラックスできること、シンプルなモノ
ファッション同上
化粧・身なり化粧はエチケットだと考えている。

 

生きていくために最小限必要な化粧と身なりだけ整える。

 

ブランド観ブランドには興味がない。

 

友達が持ってて良いと薦めるブランドなら買う。

 

お金の使い道旅行、リラックス。

 

買い物は、シンプルで長く使えるモノを買う。

 

友達が使っていて良いと言っているモノを買う。

 

Amazonや楽天が大好き。

 

恋愛観・結婚観理想の男性は、自分を理解してくれる人。

 

疲れる人は嫌。

 

今の生活を崩さずに結婚できればと思っている。

 



ゴミになるようなモノは一切要らない、超合理的女性

会社では正社員としてしっかり働くが、休日はどこにも出かけず、自分の部屋でゴロゴロして過ごす。

 

「ホタルノヒカリ」というドラマで、主演の綾瀬はるかさんが演じていたのは、そんな「干物女」だったが、実はこのタイプの女性も結構いるらしい。

 

OLの私的消費」では、なんと17%もの女性がこのタイプになっているから、意外と平穏な日常を愛する女性も多いってことだ。

 

彼女らは何にも起こらない平凡な一日を、布団の中や風呂場で過ごすのが一番の幸せで、日がな一日、のんびりまったりゴロゴロして過ごす。

 

仕事や生活に必要がないモノは、一切持ちたくないし、そしてゴミを捨てるのも面倒だから、新聞や雑誌も読まない。

 

女性は雰囲気やムードが欲しいのがほとんどだが、きれいな包装紙やパッケージすらゴミになるから持ち帰らない。

 

世の中にはこういうタイプの女性もいるというのは、覚えておいた方がよいだろうね。

 

高学歴 脱力女子のイメージ(2)
休日の過ごし方一日中、布団の中でゴロゴロしている。

 

レストラン食事は食欲を満たすためのモノで、気にすることは健康によいかどうかだけ。

 

旅行先誘われて簡単にいけるところなら行く。

 

自分から旅行に出かけようとは思わない。

 

旅行の目的は『つきあい』。

 

仕事観淡々と仕事をこなす。

 

失敗しないようにやる。

 

生活費を稼ぐ。

 

信用する情報源新聞や雑誌はゴミになるので読まない。

 

チラシやフリーペーパーも同様で読まない。

 

友達の口コミが一番信用できるらしい。

 

持ちもの・カバンいつも同じモノ。

 

必要最低限のモノしか持ち歩かないが、なぜか使い終わったリップクリームなども持ち歩く。

 

どうやら捨てるのが面倒らしい。

 

こういうタイプの女性が一番うれしいのは、ゴロゴロ過ごす休日であるのは、言うまでもない話だな。
広告

会話術 人気教材ランキング

★第1位★90日で会話術をマスター人に好かれる会話術【男女兼用

★第2位★男性絶賛!会話力ゼロからモチE??話マスタープログラム

★第3位★3つのキャラクター別ナンパフレーズ・テンプレート集

★第4位★人生を明るく変える会話術!パーフェクトコミュ

★第5位★コミュ障でも一日5分で会話が上達デイリーパラダイムシフト

★第6位★見るだけで会話のスキルが上がる!会話動画大辞典

★第7位★拒絶されるにはワケがあった!好きな女性と話せるようになる会話術

★雑談術★会話が続かないのはなぜ?!雑談術・鈴木式

一流企業から弟子入り 下積みで掴んだ秘訣立川談慶師匠の好循環をもたらす会話


このエントリーをはてなブックマークに追加