戦うことも逃げることもできないのが「うつ」

「うつ」が発生した場合、脳内物質であるセロトニンと、ノルアドレナリンの濃度が落ちていることが分かっている。

 

セロトニンは、トリプトファンという必須アミノ酸から体内で作られるので、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品や肉、豆乳や納豆を毎日しっかり取って、午前中に太陽の光を浴びることを心掛ける。

 

また「体操」「散歩」「ジョギング」「ご飯を噛む」「ガムを噛む」「ヨガなどの呼吸法」などの「リズム運動」が、脳内のセロトニン濃度を上げることが分かっているので、こういうモノを日課に取り入れると良いという。

 

一方のノルアドレナリンは、アドレナリン、ドーパミン、セロトニンとヒスタミンなどと共に「モノアミン神経伝達物質」と呼ばれ、ストレスに対抗する反応を司る物質だ。

 

人間は、自分の身に危機が迫ると大きなストレスを受け、それに対処するために「戦う」か「逃げる」かという選択をする。

 

アドレナリンはこのとき、血圧を上げたり、血中ブドウ糖を増やす。

 

ノルアドレナリンは、心拍数を上げたり、筋肉を動かす準備をする。

 

ところが「うつ」の状態になると、このノルアドレナリンが不足して、戦うことも逃げることもできない状態に陥って、ボーっとした状態になるわけだ。

 

因みにノルアドレナリンの原料は、フェニルアラニンやチロシンというアミノ酸だ。

 



EPA、DHA不足も実は「うつ」の原因?

ノルアドレナリンは、フェニルアラニンやチロシンから合成される。

 

フェニルアラニン→チロシン→ドーパミン→ノルアドレナリン→アドレナリン
と言う風に体内で変換されていく。

 

チロシンは、フェニルアラニンからも合成されるが、食べ物でも摂ることができる。

 

たとえばタケノコの表面に出てくる、白いジャリジャリした粉。

 

納豆なども賞味期限を越えると、白い結晶が出てきてジャリジャリするが、これもチロシンだ。

 

チロシンは、たけのこ、たらこ、チーズ、牛乳、鶏卵、しらす干し、かつおぶし、バナナ、アボガド、白花豆、アーモンド、かぼちゃの種、ごまなどに多く含まれる。

 

そしてセロトニンやノルアドレナリン以外にも、うつ病と関係が強く疑われる物質がある。

 

それが魚の脂に含まれるEPADHAだ。

 

EPAやDHAは血液をさらさらにする成分として知られているが、実は脳の成長や脳の働きにも重要だと言うことが分かっている。

 

ウツの程度と血液中のDHAの濃度は相関(比例)しており、DHAが少ないと脳内セロトニンの量も減るという報告もあるという。

 

特にDHAは、脳関門と呼ばれる脳の関所を通ることができる物質なので、脳内セロトニンを増やすために、DHAを摂ることも必要かも知れない。

 

ウィキペディア(うつ病)より

広告

会話術 人気教材ランキング

★第1位★90日で会話術をマスター人に好かれる会話術【男女兼用

★第2位★男性絶賛!会話力ゼロからモチE??話マスタープログラム

★第3位★3つのキャラクター別ナンパフレーズ・テンプレート集

★第4位★人生を明るく変える会話術!パーフェクトコミュ

★第5位★コミュ障でも一日5分で会話が上達デイリーパラダイムシフト

★第6位★見るだけで会話のスキルが上がる!会話動画大辞典

★第7位★拒絶されるにはワケがあった!好きな女性と話せるようになる会話術

★雑談術★会話が続かないのはなぜ?!雑談術・鈴木式

一流企業から弟子入り 下積みで掴んだ秘訣立川談慶師匠の好循環をもたらす会話


このエントリーをはてなブックマークに追加